2017年9月19日

ラッパがついたフィドルのお話

Julia Clifford and her sister Bridgie Kelleher, Knocknagree, Co. Cork, Ireland, 1984.

ボストン美術館蔵
(クリックすると拡大)
世の中には面白い楽器がいろいろある。写真左はアイルランドのケリー郡出身のジュリア・クリフォード(1914-1997)だが、フィドルに蓄音機のラッパに似た拡声装置がついている。ストロー・フィドルだが、ストローは麦藁を意味する Straw ではなく Stroh と綴る。オーストラリアのラム酒、シュトローと綴りは一緒だが、無論関係ない。フランクフルト生まれでイギリスに移住した電気技術者ジョン・マタイアス・オーガスタス・ストロー(1828-1914)に由来する。ストローは考案した楽器の特許を1899年に取得、息子のチャールズが1901年から1924年まで製造、ジョージ・エヴァンス社も1904年から1942年まで製造販売したという。フィドルばかりではなく、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、マンドリン、はてはウクレレやギターも作られた。音楽レコードの黎明期、蝋管式蓄音機で録音するには大きな音で指向性の強い楽器が必要だった。その要求に応えたのがストロー式絃楽器だったのである。その形状からまろやかな音色が奏でられるとは想像しがたいが、スライゴ出身の伝説の巨星、マイケル・コールマン(1891-1945)も、録音にはこれを使わらずを得なかったようだ。姉のブリッジ・ケレハーが普通のフィドルを弾いているにも関わらず、ジュリア・クリフォードは何故ストロー・フィドルなのか。街頭で開催されたフォーク・フェスティバルなどにも出演していたらしく、その場合は音が大きいのが望ましいので、使用した理由は理解できる。しかし写真は室内で撮られている。いろいろ調べてみたところ、2009年6月6日付けのアイリッシュタイムズ紙の記事に、そのヒントを得ることができた。ジュリア・クリフォードはダン・オコンネル(1921-2009)が1957年にコーク郡ノックナグリーで開店、アイルランド音楽のメッカとなったセットダンス・パブの常連演奏家だったようだ。セットダンスはアイルランドの伝統的なスクエアダンスであるカドリーユをルーツとしたフォークダンスで、爪先やかかとでたてる打撃音を伴うのが普通である。床から響く靴音にかき消されないように、音が大きいストロー・フィドルが使われた可能性が大きい。写真には「コーク郡ノックナグリー」という説明がついているので、このパブで撮影されたと断定できる。これで疑問がひとつ解けたようだ。なおストロー・フィドルはアイルランドやイギリス以外、例えばニューオーリンズの謝肉祭、マルディグラの街頭パレードでも現在使わているようである。

SoundCloud
Chase Me Charlie: Johnny O Leary and Julia Clifford, Recorded in Dan Connells pub, Knocknagree.

2017年9月18日

2017年第42回JPS京都展開催のお知らせ

画像をクリックすると拡大表示されます

会 場: 京都文化博物館 5F(京都市中京区三条通高倉)075-222-0888
日 時: 2017年9月26日(火)~9月30日(土)10:00~18:00(最終日16:00まで)
料 金:一般700円(団体560円)/学生400円(団体320円)/高校生以下および65歳以上無料
主 催:公益社団法人日本写真家協会(http://www.jps.gr.jp/

公益社団法人日本写真家協会(略称JPS)は全国に1,600名余りの会員を擁する職業写真家の団体です。協会の文化活動としての展覧会活動は、協会発足当時から始まっています。本協会創立の翌年1951年には「日本写真家協会第1回展」を開催、1962年の第10回展まで行われました。同展は1976年に「JPS展」と名称を新たにし、1977年からは一般公募を開始、91年からは写真学生を対象とした「ヤングアイ」にまで規模を拡大し、東京、広島、名古屋、京都などで開催しています。一般公募では、文部科学大臣賞・東京都知事賞・金・銀・銅賞の他、奨励賞、優秀賞が与えられ、プロの写真家への登竜門となっています。

JPS  フライヤーの表示とダウンロード(PDFファイル 6.44MB)

2017年9月17日

ブルーライトカット眼鏡を勧められたけど

蛍光管に比べて LED は青色光にピークが来ている(©日経トレンディ)

パソコン専用を新調しようと眼鏡店に出かけたら、ブルーライトカット眼鏡を勧められた。ブルーライトとは眼科医などの医療専門家が設立した「ブルーライト研究会」によると、波長が 380~500nm(ナノメートル)の青色光のことで、ヒトの目で見ることのできる光=可視光線の中でも、もっとも波長が短く、強いエネルギーを持っており、角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達してしまうというのだ。このブルーライトをカットする眼鏡が2012年に発売され、ヒット商品となった。上の図はブルーライトカット眼鏡チェーン店 J!NS のデータを元に、日経トレンディが制作した蛍光管液晶および LED 液晶ディスプレイのスペクトルである。これを見ると、後者のディスプレーには青色 LED に起因する急カーブの山が 450nm 付近にある。ただし紫外線に隣接した帯域ではゼロである。ブルーライトは、眼や身体に大きな負担をかけると言われており、従って軽減する眼鏡がヒット商品になったのだろう。ここで注意すべきは「負担をかけると言われており」という表現で、液晶モニターを製造している EIZO も「ブルーライトは、可視光線に含まれるため、疲れ目に影響があるとは一概に言い切れませんが、有害である UVA に近い波長であることから、目への負担が大きいとも考えられます」と微妙な説明をしている。同様の記述は眼鏡メーカーのサイトにも多々ある。つまり目に負担をかけているかもしれないが、損傷を与えるとは明言していない。にもかかわらず、一日中オフィスで液晶ディスプレイを睨んでるひとには、有用な健康器具と受け取ってる人が少なくないだろうと想像する。当初ブルーライトカット眼鏡を注文したものの、結局キャンセルしてしまった。その効果を否定する知識を持ち併せてはいないが、液晶ディスプレイがそんなに有害なら製造停止にすべきという考えがちらっと脳裡を走ったからだ。なおディスプレイの色温度と輝度をさげれば、ブルーライトを軽減できるそうなので試してみようかなと思っている。一番の対策は長時間パソコンに向かわないことだろう。いずれにしてもどうやら私は根っからの天の邪鬼らしい。

2017年9月16日

京都カーフリーデー2017

画像をクリックすると拡大表示されます

日 時:9月17日(日)9月18日(月・祝)10:00~16:00
主 催:京都カーフリーデー実行委員会
共 催:二条駅地域安全ネットワーク・環境省京都御苑管理事務所

カーフリーデーは1997年フランスで始まり、2000年には欧州委員会のプロジェクトになりました。現在ではモビリティウィーク&カーフリーデーとして、毎年9月16~22日の間、世界のおよそ2000都市で開催されています。エネルギーや地球温暖化の問題が深刻化する中で「かしこいクルマの使い方」を、徒歩や自転車・電車・バスを利用することによって、環境負荷の少ないこれからの「くらしかた」を考え、まちの賑わい・楽しさ・文化を大切にする取組です。※台風接近に伴う催事変更に関しては下記 Facebook ページをごらんください。

Facebook  京都カーフリーデー実行委員会 Facebook ページ

2017年9月13日

京都市民と観光客の冷たい戦争

スーツケースを持って市バスに乗り込む観光客(京都駅バスターミナル)

京都市は外国人観光客らの増加による混雑解消のため、市バスの大半の区間が乗り放題になる1日乗車券を来年3月から、500円を600円に値上げする方針を決めたそうだ。スーツケースを持った外国人観光客らが増え、市民から「バスに乗れない」などの苦情が相次いだからだという。市交通局によると、値上げで市バスの1日当たりの乗客数は5,500~9,300人減る見込みだそうだが、それほど減らないと想像している。市バスの初乗り運賃は230円で、依然1日3回乗れば元が取れるからだ。スーツケースの件だが、私は何度も目撃しているが、確かに混雑した車内では迷惑ではある。観光客の増加で収益が上っていると想像されるが、税金で賄っている市バス、市民の不満も理解できる。到着した駅からタクシーに乗ってくれれば問題ないのだが、様々な事情が混在する。出費を抑えるというのが第一の理由だろうけど、タクシー運転手を信用しない外国人が結構いるようだ。すなわち遠回りすのではないか、運賃をボラれるのではないかと疑うというのである。いずれにしても市民と観光客の間に冷戦があるのは確かなようである。スペインで最も多くの観光客が訪れるバルセロナや、世界的な観光都市であるイタリアのベネチアなどで、相次いで住民による観光産業に対するデモがあったと報道された。バルセロナの場合、160万人の住民に対して年間3200万人もの観光客が訪れているという。実に人口の20倍もの観光客が押し寄せているのである。ベネチアの場合は人口の何と400倍だそうである。さすがに京都はこのレベルに達していないが、市民の不満がくすぶっていることは事実である。