2017年2月19日

東芝を批判する英国湖水地方の反原発活動家たち

マリアンヌ・バークビーさん(右)と仲間たち

ムーアサイド原発(完成予想図)
日本経済新聞2月14日付け電子版によると、東芝は米原子力事業で巨額損失を計上することを受け、英国で進める原発新設計画の運営会社、ニュージェネレーション(NuGen)の持ち株を韓国電力公社に売却する検討を始めたという。NuGen は英国北西部カンブリア郡ムーアサイドで、2024年をめどに原発3基を稼働させる計画を持つ。米原子炉開発製造会社ウェスチングハウスが設計から建設、原子炉納入まで手がけることがほぼ固まっていたが、東芝は原発の建屋の新規建設から撤退し、廃炉やメンテナンスなどに注力する方針に転換すると発表した。しかし今のところ、計画自体が撤回されたわけではないようだ。ところで計画地ムーアサイドは7世紀の修道院の跡地に、12世紀に建てられた聖ブリット教会がある。いわば歴史的遺産があるこの村では、当然のことながら原発反対運動が起きている。アーティストのマリアンヌ・バークビーさんらの活動家グループ「放射能なき湖水地方」は、原子炉の製造元である東芝を激しく批判している。東芝を巡っては事態が流動的で、情報が錯綜している感がある。新聞各紙によれば、稼ぎ頭のメモリ事業を手放し「廃炉や保守などの原発事業を継続し、社会的責任を果たす」と社長が記者会見で何度も強調しているようだ。これは安倍政権の顔色を窺っての発言と考えて良いのではないだろうか。成長戦略の一環という名のもとに、日本が官民あげて血眼(ちまなこ)になっている、原発輸出にブレーキをかけることこそが私たちの責務である。以上、いささか物足りない投稿になってしまったが、新たな進展があればまた取り上げてみたい。

No Nukes
Radiation Free Lakeland
: Preventing the Lake District from becoming a nuclear sacrifice zone.

2017年2月18日

南部アパラチアで英国古謡を蒐集した民謡研究家


ソングキャッチャー
私は当ブログとは別に「アメリカンルーツ音楽」という、いささかマニアックなブログを持っている。アメリカンルーツ音楽が好きというと、何故、と聞かれることが多い。いわく説明し難いし、書き出したら長文になりそうなので、いずれ詳しく書くことにし、今回は割愛する。アメリカンルーツ音楽はアメリカーナとも呼ばれ、この10数年以上に渡ってブームが続いている。その要因を三つの映画、すなわち『オーブラザー』『コールドマウンテン』『ソングキャッチャー』が引き金となったのではないかと私は推測している。1960年代にフォーク・リバイバル運動が起こり、ボブ・ディランやジョーン・バエズなどが世に出た。それは英国にも伝播し、ミック・ジャガーやジョン・レノンなどに大きな影響を与えた。そして興味深いのは、彼ら60年代のミュージッシャンが少年時代に聞き親しんだ、20世紀初頭から40年代に至る商業レコードが、現代に蘇り復活しているという現象である。さらにこれらから派生したアメリカーナが、英国やアイルランドに逆輸入されていることは特筆に値する。

セシル・シャープ
マサチューセッツ州ウェストメドフォード生まれのオリーブ・アーノルド・デイムは1907年にジョン・C・キャンベルと結婚、アパラチアの山の中に入り夫と民謡蒐集する。夫の死後、その遺志を継いで1925年、ノースカロライナ州ブラスタウンに学校を共同設立、生涯にわたって教育活動を続けた。映画『ソングキャッチャー』の主人公、ジャネット・マクティア演ずる音楽学者リリー・ペンレリック博士は、明らかにオリーブとオーバーラップする。リリーはこの山岳地帯で教師をしている妹を訪ねたのだが、少女が歌った「バーバラ・アレン」を聞いて驚愕する。これは英国に伝わる古謡で、オリジナルを彷彿とさせる旋律で歌われたからだ。どこで習ったの、という問いに、少女は代々伝わってきたものだという意味の答えをする。いわばこれは伝承音楽史上の大発見であった。アメリカのフロンティアは「開拓」によって、西へ、西へと進んだが、この山岳地帯は取り残されて陸の孤島と化した。そしてイングランドやアイルランドからの移民たちが、本国の文化習慣をこの地帯に温存させたのであった。学校が放火に遭い焼失、蒐集した楽譜やシリンダー式録音機に記録した音源を失う。そして恋仲となった男と、山の音楽を商業化するために都会に出る。そしてこの発見を立証するためにやってきた英国の民謡蒐集家とすれ違うところで映画は終わる。

南部アパラチアの英国民謡
この蒐集家は明らかに英国の民謡研究家セシル・シャープ(1859-1924)をモデルとしたものだ。史実では、オリーブとシャープは蒐集した歌を『南部アパラチアの英国民謡』(English Folk Songs From The Southern Appalachians)という著書として結実させ、オックスフォード大学から出版された。しかし映画にはいくつかの脚色が含まれている。例えば妹が同性愛者と描かているが、これに関しては若干不明であるが、おそらく事実ではないだろう。山を下りてレコード制作をするというのもフィクションである。1927年、テネシー州ブリストルでRCAの辣腕ディレクターのラルフ・ピアが、この地帯のミュージシャンを集めて歴史的な録音をする。伝承音楽が商業音楽に変身するきっかけとなった貴重な録音で、今日「ブリストル・セッション」として知られ、CD化されている。オリーブがこのセッションに関係したという記録はないし、彼女は今でも現存するブラスタウンの学校でその生涯を終えたはずである。商業映画というのはどうやら「見せ場」が必要なようだ。だからときに史実を曲げることもある。挿入歌にはエミルー・ハリスやヘイゼル・ディッケンズなどのカントリー音楽の歌い手も加わっているのだが、史実と違う「ドラマ」と割り切ったのだろうか。私自身は史実通りでも十分楽しめる音楽映画になったのじゃないかと今でも残念に思っている。多くのアメリカ人が、この映画によって自国の伝承音楽に興味を抱いたようだが、間違った歴史をインプットされたことは間違いないと私は思う。

2017年2月15日

稲田防衛相の代打答弁が裏目に出た安倍首相

Japan's New Defense Minister (Cagle.com, Aug 2016)

朝日新聞2月14日付け電子版によると、14日の衆院予算委員会で民進党の辻元清美氏が、稲田朋美防衛相にイスラム国(ISIL)をめぐるシリアの内戦は「戦闘か、衝突か」と質問した。これは2月8日の衆院予算委員会で、南スーダンPKOに派遣されている陸上自衛隊の日報に「戦闘があった」との記載があった問題で「国会答弁する場合、憲法9条上の問題になる言葉(戦闘)は使うべきでないから、武力衝突という言葉を使っている」と答弁したことに対するものであった。「戦闘」なら派遣部隊を撤退させなければならなくなるので「衝突」と言い換えたというのである。つまりこれは表現を変えれば、憲法を犯しても構わないというとんでもない理屈である。そこで分かり易い事例として、シリアの内戦はどうなのかと辻元氏は畳みかけたのだが、稲田氏は「法的評価をしていない」と繰り返すばかり。これに助け舟を出したのが安倍晋三首相で、代わりに答弁に立ち「ISILに対する軍事作戦の後方支援は政策的に考えていないと言っているので(戦闘か衝突かは)検討していない」と答弁した。日本は有志連合に名を連ねているし、シリア情勢に関し何らかの判断をしているはずである。明らかに「戦闘」であっても、先の南スーダンの「戦闘」に関する答弁の失態があるので、そうだとは答えられないのだろう。安倍政権に近い読売新聞が2月15日付け電子版で「首相は稲田氏を重用してきただけに、目の前でやり込められるのを黙って見ていることができなかったようだ」と書いている。見出しに「首相の助け舟裏目?」とあるが、?マークは必要ないだろう。例えばトランプ政権のジェームズ・マティス国防長官のような軍事の専門家でなく、素人である。極右発言で安倍首相の歓心を買ってきただけで、防衛大臣の器でないことが図らずも露呈してしまった。辻元氏は「首相が出てくると、世界中にこの防衛相は情けないと思われる」と皮肉った。イラストは昨年8月に稲田氏が防衛相に就任した時に、風刺漫画サイト Cagle.com に掲載されたものである。能ある鷹は爪を隠すという諺があるが、稲田防衛相は爪を露わにしたまま失態を重ねている。

2017年2月13日

第一次世界大戦で奪われた夥しい数の動物の命

A tribute to horses at Camp Cody, NM. ca 1918

私は時々ネットで珍しい古写真を探すことがある。これは オンライン画像共有&画像管理サイト Imgur に掲載されている馬の頭の人文字絵だが「第一次世界大戦の間に死んだ800万頭の騎馬、驢馬および騾馬に対する兵士のトリビュート、1915年」という意味の説明がついている。英国のタブロイド紙サンデー・エクスプレス2015年10月28日付け電子版の「第一次世界大戦において殺去れた800万頭の英雄馬へのトリビュート」という記事にも、セピア色に変色しているが、同じ原板によるものと思われる写真が使われている。よく見ると写真下部に以下のような手書きの説明が書いてある。
650 Officers and Enlisted Men of Auxiliary Remount Depot, Camp 326, Camp Cody, NM. Symbol of Head Pose of "The Devil", Saddle Horse Ridden By Maj. Frank G. Brewer, Remount Commander. Photo by Mark Raen
つまり第一次世界大戦中、フランスに兵士を送るために作られたニューメキシコ州のコディ基地の騎馬養育施設で撮影された、将校、新兵合わせて650人による人文字絵である。コディ基地は陸軍の訓練所だったのだが、その沿革史によると、創設されたのは1916年だから、1915年撮影というのは辻褄が合わない。第一次世界大戦には大量の動物たちが動員されたが、特に馬は、何千何百万頭という数が騎兵隊用、荷役用として投入された。そして4年間の戦争で800万頭の馬が死んだという説もある。戦争の悲惨は人間の死に向けられがちだが、夥しい数の動物が命を奪われたことも忘れてはいけない。そして二度とあってはならないことである。

2017年2月12日

トランプ大統領の狂気演技に騙された安倍首相

オレ様の言う通りに走ればいいのだヨ(ニューヨークタイムズ紙

朝日新聞2月11日付け電子版によると、ホワイトハウスでの日米首脳会談後の会見で、トランプ大統領が「米軍を受け入れてくださり感謝している」と述べたという。これはいささか突っ込みどころがありそうな発言である。というのは、選挙中、トランプ大統領は「米国はもはや裕福ではない、日韓が米軍の駐留経費負担を大幅に増額しない場合は米軍を撤退させる」と日本を批判していたからだ。ところが2月4日にジェームズ・マティス国防長官が来日、在日米軍駐留経費負担は適切であり「他の国のモデルになる」と述べた。駐留経費負担の負担増を怖れていた日本政府は、これでホッとしたのかもしれない。しかし、これこそトランプ大統領が仕掛けた罠だったのである。つまり過激な言動を意図的に繰り返し、交渉相手国に要求や条件を吞ませることに成功したのである。この交渉術はリチャード・ニクソン元大統領のマッドマン・セオリー(Madman theory)に酷似しているという。米軍駐留国の経費負担は日本約75%、韓国約40%、ドイツ30%、イタリア約40%で、日本の負担額がダントツである。本来、削減要求すべきなのに、一連の幻惑述によってそれができなくなったと言っても良いだろう。トランプ大統領は自動車をやり玉に対日貿易赤字を問題視し、日本が輸出を増やすために為替操作で円安に誘導していると批判してきた。恐れおののいた安倍首相は、大統領をなだめるため、今回の日米首脳会談前に、米国で4500億ドル(約51兆円)規模の市場と、70万人の雇用創出を目指す超巨大プロジェクトを矢継ぎ早にとりまとめた。51兆円と言えば、日本の GDP のほぼ10分の1、日本の防衛費の約10倍にあたる。年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の積立金をあてる案も検討されているというから酷い話である。トランプ大統領は会談後、私費で安倍首相夫妻をフロリダ州の別荘に招待したが、勝ち取った金額と比べると、その費用は微々たるものである。パームビーチのゴルフ場で約5時間を共に過ごした後、トランプ大統領は「日本にはすばらしい代表者がいる」と持ち上げたという。そりゃ、そうだろう。何しろドイツのシュピーゲル誌が皮肉ったように「安倍晋三首相はトランプ氏に顔をしかめない数少ない首脳の一人」だからである。